タイトルのコピーは検索結果ページにおいてユーザーの目を惹くという重要な役割も持っています。つまり、コピーは読者に好意的に受け取られるものでなければならず、わざとらしくキーワードが詰め込まれたコピーでは読者に好まれないために、逆効果になってしまうのです。

 

このように SEO にとっては非常に重要かつ難しいコピーライティングですが、コピーライティングの最も効果的な実践方法に従えば、一見すると相反するように見える以下の二つの事柄を両立することができます。

 

title 要素はキーワードを含める場所として最も重要な場所です。また、タイトルと同様の文字列を H1 タグか H2 タグのいずれかに含めるとよいでしょう。そして見出しにキーワードを含めることはもちろん、そのページがどんなコンテンツを提供しているかを簡潔かつ完全に表現しなければならないことを忘れないでください。コンテンツとの関連性の低いタイトルは薦められません。

 

読者の好みに合っていて、かつコンテンツとの関連性を高めることができる場合に限りますが、文章の書き出しの部分でキーワードを繰り返すことは有益です。多くの検索エンジンがページ冒頭のキーワードを含む文章を説明文として使用するために、これをうまく行うことでクリックスルーレートを高めることができるのです。

 

よくできたコピーは、ありふれた一般的な用語ではなく、活き活きと描写するような特長のある言葉で綴られます。ターゲットとなる特定のキーワードを含め、かつ読者との関連性をよりダイナミックに強調するようなコピーを考案し、それを文脈に合わせて適宜使用することでキーワードの出現頻度を高めてください。あいかが連絡しないからどうしていいのかわかりません。